« トロワキャール@松陰神社で満腹血の池地獄 | トップページ | だって8月に1つもアップしないのはアレだし »

2011年7月28日 (木)

藤屋製パン@淡島でノスタルジイ

世界で1番うまいパン屋は、いつも、今も、「なかぱん」こと館山中村屋
ココロの中のランキング1位から落ちたことがありません。
(熱き思いはこことか、こことか、こことかに)

今住んでいる世田谷区は東京でも指折りの「うまいパン屋がごろごろ」ある土地で、私もふだんはコジャレ店でコジャレパンを気取って買っています。

ええ分不相応にも、パン オ セーグル オ ノワ エ レザン」とかバゲット フェルマンタシオン ラント」とかの呪文を巧みに操っております。

「お正月にもおいしいパンがいただきたいわ、おほほ」と、元旦にシニフィアン・シニフィエ行ったりなんかしちゃったりなんかしちゃったりしてるのです。世田谷マダム気取りなのです。

でもいつも胸にあるのは、なかぱんのコロッケサンド。

滅多に帰省しないためなかなか食べられないなかぱんへの思慕がきゅうと高まるとき、私はこの店へ行ってノスタルジイを押さえることにしているのです。

★藤屋製パン 淡島店

110705

どうやらチェーン店。もしくはノレン分け。
紙袋には同じ名前で、11店舗もの記載があります。なかなか大きいグループといえるでしょう。

このうち本店、支店、喜多見店にも行ってみたけど、なかぱん心をフィックスしてくれるのは、この淡島店。オンリイ淡島店。

だがこの淡島店は非常に敷居が高いのです!

まず場所。
近辺の人にはおなじみの散歩道・北沢緑道。その緑道に面しているにも関わらず、目立たない・美味しそうに思えない・営業してるように見えないという三重苦。はっきり言って、古く地味な外観。室内の明かりもついてるんだか、ついてないんだか、はっきりしない。

そして最大のネックは、営業日。

木曜、金曜、土曜しかやってません

私がこっちに引っ越してきてすぐ見つけたときは、水曜もやってたし、「火曜の午後に食パンだけならある」と言われたのですが、あれから4年。ついに週休4日になりました(笑)。

時間帯も要注意。
午後では遅すぎる。朝早くてはパンが無い。
12時になると近隣の人たちがわらわらとやってきて、あっという間にパンが無くなるので、11時半くらいがベスト。それでも日によっては「棚がすかすか」だったりするのですが、我慢してマメに通うとそのうちしあわせが巡ってきます。

 

その淡島店で、なかぱんファンが買うべきマストアイテムは、コレ。

★カラシ@150

1107056

およそサンドイッチにつける名前とは思えないのですが、どうやら藤屋製パンはカラシが売りのよう。どの店にもあります。あるんじゃないかな。たぶんあると思う。神奈川県の店もそのうち確認しなくちゃ。

このカラシの何がなかぱんかというと、まずパンにベタな甘さが無いこと。キリっと旨い、なかぱん的コッペパンであること。

そして中に挟まっている野菜の塩気、マスタードのピリリが、あのなかぱんのコロッケサンドに挟まっている野菜を彷彿とさせること。

1107058

ラップにくるまれた見た目はイマイチ、中身も野菜と安っぽいハム一枚、他のパン屋で見かけてもたぶん買わない類いのコレが、私をめっぽう夢中にさせます。正味の話がカラシを買うために行く。カラシが無かったらその日はやめるくらいの、カラシ好き。

なかぱん恋しい南房総クラスタは、次に帰省するまでとりあえずコレでしのぐべし。

1107057

 

 

★クロワッサン@170

1107052

なかぱんノスタルジイではないけれど、つい買ってしまうもの。
はらはらと崩れる繊細なクロワッサンでは無い
天然酵母(ホシノ)を使った、引きの強い生地。
ぐいと噛み締める、独特のクロワッサン。

だが妙に旨い。

 

見ての通り、均一な焼き色ではなく

1107053

こんな風に「ああこの白いとこはたぶん、隣に並べたパンとくっついちゃったんだなあ」なのも、ご愛嬌。ご愛嬌で許しちゃうとこも、なかぱんクォリティ。

同じく「隣とくっついちゃったんだなあ」的パンは他にもあって

1107055

これに至っては隣とくっついたのみならず、くっついて焼けたところを無理矢理はがした感が見てとれるのですが、もう全然気にならない。気にならないどころか、はがした跡が顕著なヤツをわざわざ選んですらいます。そこが藤屋製パンらしいとこ。

 

この店は食べログでの点数が異様に高いので、期待に満ちあふれて来店すると、たぶん違うと思います。
「東京のおいしいパン屋」という言葉にイメージされるパン屋じゃない。
わざわざ目指す店でもない。

レジの手際もめちゃ悪いし。
食パンを「切らないでそのまま」と言った人に「切らないってワケにはいかないよ」と独特の理由をつけて勝手に切っちゃったりするし。
焼成にムラがあったり、大きさにもムラがあったりする。

そんなのは承知の上で、それもアリと納得した上で、ゆる〜く散歩がてら立ち寄る店。
食パンもイイ感じにトースト向きで、オススメ。

 

関連ランキング:パン | 池ノ上駅池尻大橋駅駒場東大前駅

|

« トロワキャール@松陰神社で満腹血の池地獄 | トップページ | だって8月に1つもアップしないのはアレだし »

06:パンと甘いもの」カテゴリの記事

09:下北沢とか世田谷とか」カテゴリの記事

コメント

西荻窪にあるここもシビレます。
   ↓
http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13047499/

投稿: jimmy | 2011年7月28日 (木) 13時34分

ジミーさん
その西荻の店もすごいね。
だって開店が12時半だよ。ランチに間に合わせようという気が無いんだよw

投稿: じろまるいずみ | 2011年7月28日 (木) 13時59分

「もくきんどー」といえば、『あっちこっち丁稚』の舞台になってるカステラ屋さん。
(『木金堂』)

投稿: ちりとてちん | 2011年7月28日 (木) 22時20分

あー、この辺、246から帰ってくる時に気まぐれで経由する界隈です。
昔、仕事先の一つがあったんですよね。
こんな店もあったんだ…っていうか、週休四日って…最近の俺じゃないか(笑)!

それはさておき、ささはた(笹塚~幡ケ谷)界隈にも、もちょっと含めて初台界隈にも、そして上原界隈…は以前姐さんが取り上げてらっしゃいましたよね?ベーカリーふじやを。

しかし何というか…何故こうも東京には街角ベーカリーが多いのでしょうか?
人口が多いからと言ってしまっては身も蓋もありませんが。
当方、自転車者なので、補給食にはありがたいのですが。

余談ですが、姐さんとはニアミスな名前の『いづみ』って店が馬喰町界隈にあって、そこも時々利用してます。

投稿: 中林20系 | 2011年8月 2日 (火) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258909/40967805

この記事へのトラックバック一覧です: 藤屋製パン@淡島でノスタルジイ:

« トロワキャール@松陰神社で満腹血の池地獄 | トップページ | だって8月に1つもアップしないのはアレだし »