« 世田谷線つまみぐいウォーキング・宮の坂〜山下 | トップページ | ラ・カーニャ@下北沢で涙のカレー »

2010年10月12日 (火)

世田谷線つまみぐいウォーキング・山下〜三軒茶屋〜松陰神社前(ぽろりもあるよ)

世田谷線つまみぐいウォーキングについては、こちらから読むと何かといいです。

さて冷たくちゅるるん!ところてんでさっぱりした後は一転、洋食でこってり
チキン赤ワイン煮@洋風べんとうデリカッテ

101012

 

すんごいマトモな赤ワイン煮。旨い旨いと食べていると「よろしかったらこちらもどうぞ」と、パンフには掲載してないオムレツが登場。ひゃっほう。

1010122

こちらはまだ開店して間もないようで、豪徳寺はちょっと久しぶりの私は「ここにこんなスペースあった?」とキツネにつままれたよう。細い細い店舗。
イートインスペースは無し・テイクアウトのみ。

1010123

通常はこんな旨そうなものがお持ち帰りできるそうだ。例えば料理がおっくうな日。だけどワインな気分の日。こんな店が近くにあればひどくしあわせ。

 
 

正午近くなりさらに暑くなってきたので、サンマルクで冷たいミルクセーキという甘えメニューで休憩。そして作戦会議。結論から言うと「さらにズルをしよう」ということに決定しました。

 

ズルの内容は「ここから三茶まで世田谷線に乗って戻る。三茶からチャリ(家から乗ってきたヤツ)で松陰神社前〜ボロ市通り」というとても軟弱なものですが、いたしかたありません。私が悪いんじゃない、真夏の狂った太陽が悪いんだ。

赤堤商店街でロールケーキ食べたかったけど
下高井戸でコロッケと、たまご焼きと、餃子を食べたかったけど、さようなら。今度あまり暑くない日にまた来るよ。

 
 

さて三茶に戻ってきました。意外にも世田谷線はウォーキング仲間でいっぱいw もうこそこそする必要はありません。後ろめたさもありません。もはやこちらがマジョリティなのです。世田谷線イベントなんだから世田谷線に乗ったってイイじゃないか。日本人なら「だって皆がやってるから」でイイじゃないか。はあ〜ラクチン。

 

チャリ出すついでに
蕎麦@武屋

1010125

三茶の人気蕎麦屋・武屋は何となく入ったことありませんでした。手前でちゃんぽん@来来来に吸い寄せられてしまうか、行き過ぎてロースかつ定食@川善で肉欲の限りを尽くすか、はたまたヨーロッパ食堂でパスタ、それともさんじゅうまるで魚たっぷり丼、とコノ辺りは好きな店が多くて中々新規開拓できず。
さんじゅうまるまで来ると同じビルに蕎麦@安曇野という選択肢もあるし。

1010124_2

おかげさまで無事に武屋デビュー
ちょうど麺切れにて「待ちます」と言った私のために、厨房まですっとんで行ってくれたお兄さん、ありがとう。

 
 
 

歩くと辛い道のりもチャリなら一瞬♪
風をきって松陰神社前へ向かいますよ。

コロッケ@中村フーズ

10101213

背後から「え〜コロッケ半分だけ〜?」という不満分子の声が聞こえます。ちっ。つまみぐいズレしている世田谷クミンめ。いい気になりやがって。まあ同じ事は私も思ってない事もなかったのですが、粛々とコロッケを咀嚼。あ、でもソースは欲しかったなココ。

 

松陰ジンジャー(紅生姜入りさつま揚げ)@手づくりおでん種おがわ屋

10101210

今回のつまみぐいに出店している店の中で、この「おがわ屋」だけは普段から愛用している店。かまぼこ屋の娘であった母親を持つ私は、やはりDNAに練り物が組み込まれているのでしょう。練り物屋さんには目がありません。

10101211

しかもコノ松陰ジンジャー・なんと「今すぐ揚げるからちょっと待ってて〜」と揚げたてを出してくれようとする素晴らしさ! んもう、そんなの冷めてたってちっとも構わないのにぃ。さすがおがわ屋!ビバおがわ屋!松陰ジンジャーというダジャレもこの際不問に付してあげますよ、ええ。

 
 

次はおがわ屋から3歩
わらび餅@青柳菓子輔

1010129

今回の企画に参加してホントに良かったと思える店。ふるふるのわらび餅がうまーい!失礼ながら街角のあかぬけない和菓子屋としか思えなかったコノ店が、こんなにオイシいなんて。ほどよいひんやりが、この世の極楽。

 

さらに数十m先へ
スイカ@八百幸商店

10101212

写真でも分かるように当初はブドウと梨だけの予定だったみたいですが、この酷暑で急遽スイカの登場となったのでしょう。当初果物は私の予定には無かったのですが、スイカを貪る人々を見た瞬間に「私も下さい!」とお願いしてしまいました。ほどよく冷えたスイカはするすると。しゃくしゃく、はぐはぐ、旨い旨い。

ただ種の捨て場が無いため、皆道ばたにぽろり、ぽろりと種を落としていくことだけが気になりました。やっぱぽろりはいけませんね。ぽろりは。

 

 

さてスイカで喉を潤した後は
アップルパイ&クッキー@モスト洋菓子店

1010126_2

前述の青柳菓子舗同様、ここも失礼ながらそのノスタルジアな外観に、悪い先入観でいっぱいでした。しかしパンフに「クッキーはいろいろ研究しながら30種類ほど作っている」という記載があり、がぜん気になり。

1010127

どーんと、アップルパイ

1010128

1人分はひとくちサイズながら、サクサクのパイ皮にジューシーな林檎が嬉しい誤算。いい感じにアップルパイの喜び。

近江家洋菓子店のよう、と言ったら言い過ぎだろうか。なまじなイマドキのパティスリーには無い貴重な味。ちなみにクッキーはもらってすぐ食べちゃったので、写真はナシよ。

 
 

さてこの時点であと2枚を残したクーポン。
〆は最初から決めていたのです。ボロ市通りに入る手前、食事のおいしいカフェアンジェリーナで、チョコレートケーキをいただきつつ、ついでに珈琲飲んで帰ろう、と。

 

でも、もう、ダメ。
体力の限界!(←私の世代なら誰でも知ってる千代の富士引退の言葉)
どうやらマジで熱中症。頭がガンガン、変な寒気と冷や汗。気持ち悪い。今の私に必要なものはエアコンのきいた室内で横になること。それだけだ。

 

という事で、2010年つまみぐいは終了。
来年はおでこに冷えピタ貼って参戦だ。それは決定。

|

« 世田谷線つまみぐいウォーキング・宮の坂〜山下 | トップページ | ラ・カーニャ@下北沢で涙のカレー »

03:喰った喰った」カテゴリの記事

08:出かけた」カテゴリの記事

09:下北沢とか世田谷とか」カテゴリの記事

コメント

ショウインジンジャー受けたw ポロリに釣られた男性諸君も許すだろうよ

投稿: すかや | 2010年10月12日 (火) 20時20分

楽しいイベントの楽しく美味しいレポート、ありがとうございました。
10箇所のお店を廻るというのは、簡単なようで結構たいへんなのだとうと思います。
来年も楽しみだなあ(ちょっと早いか)。

投稿: ひろハワイ庵 | 2010年10月13日 (水) 04時58分

途中あまりの暑さで涼みにプールに入ったのかとw

投稿: jimmy | 2010年10月13日 (水) 11時02分

ウオーキングだから電車の中で歩けばOKって小学生みたいな方法は思いつきませんでした?(笑)

投稿: ケロロ | 2010年10月13日 (水) 16時10分

今回のシリーズに出てくる本人画像、何だか“かわいー”と思ってしまうのですが、わたしは疲れてるんでしょうか?
確かにヒマ人には珍しく、ここんとこ仕事仕事で心身共に疲れまくってるんですが。

特にハンバーガーに至っては…

そうそう、あまりの大きさに口を大きく開くと同時に思わず目まで見開いてしまうから『目張り寿司』って云うんだよな…えっ?『めはりずし』じゃなくてハンバーガー?しかもハーフサイズらしい?

そんなことを。

何だかこう…明るそうで何よりです。人生、やっぱり明るく過ごしたいですよね♪

投稿: 中林20系 | 2010年10月13日 (水) 22時27分

>すかや
練り物屋はワクワクするよね。吉祥寺にもなかったっけ?店先でおでんもやってるようなら、さらにドキドキだ。

>ひろハワイ庵さん
来年も絶対行きますよう。来年はあえて「キーホルダー」とか「靴下」などの雑貨系、はたまた「うまい棒」「あめ1個」などのコスパ低め系を狙ってみるのも一興かも

>ジミーさん
プール!あれば入りたいよプール。そっか、銭湯が参加すればいいんだな。三茶には銭湯3軒くらいあるし。クーポン1枚でひとっ風呂浴びれます、って結構人気でるかも

>ケロロさん
そのアイディア、いただきw
来年は一日乗車券を購入し、堂々と車内で足踏みしながら移動することにしますよ

>中林さん
まあ本音を言わせてもらえば、体調不良や愚痴ばかり話す人にはなりたくない、という事なのです。外に発する言葉は明るく元気がデフォですよ。

写真がカワイイのは昔っから。
たぶん乳幼児の頃から、この子はホントに写真うつりがイイと大評判。奇跡の1枚が何枚もあったりします。てへへ

投稿: じろまるいずみ | 2010年10月14日 (木) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258909/37201639

この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷線つまみぐいウォーキング・山下〜三軒茶屋〜松陰神社前(ぽろりもあるよ):

« 世田谷線つまみぐいウォーキング・宮の坂〜山下 | トップページ | ラ・カーニャ@下北沢で涙のカレー »