« 世田谷線つまみぐいウォーキング・山下〜三軒茶屋〜松陰神社前(ぽろりもあるよ) | トップページ | きゃんどる@三軒茶屋でガルギール »

2010年10月14日 (木)

ラ・カーニャ@下北沢で涙のカレー

もう私の裏設定なんてどうでもいいですか

【今までのお話】かつて下北沢に住んでいた私はその後三重県に嫁に行き、まあいろいろあって下北沢に出戻ってきたのであります。

 

思い出の中の下北沢と私、というおセンチな一文がありますので最初にご一読いただくと何かとイイです。こちらからどうぞ。大丈夫、短いです。すぐ読み終わります。この文中にある「喫茶店で知らないお兄さんに豚まんをもらった」のお兄さんが当時バイトしていたのが、今は亡きRay's Boogie というイカす店。

1010136

 

ハタチの小娘だった私が豚まんの御礼がてらRay's Boogieに出向いたのは、数日後のこと。
ドアを開けるなり、スライの「I Want to Take You Higher」が大音量で外に弾けだし、店の人もカウンタの客も全員ウキウキで「うーらからからか!」と大合唱。

あ〜シモキタだあ、大人だあ、大人が真剣に遊んでらあ、と感動に打ち震えたものでした。

その後私もカウンタ全員で大声で合唱するような店を作ったので、アレがいかに楽しかったのかよく分かります。そう、
Ray's Boogieは本当にイイ店でしたよ。東京に戻ってきた時、また行きたいと思って探しましたよ。もうとっくに無いと知った時の慟哭ときたら。
 
 
ところがある日、下北沢の街を歩いていると沢田としき氏の絵らしき看板が気になりました。
ラ・カーニャ

1010137

どうやらライブハウスのよう。ライブは好きだが好むジャンルが非常に狭小な私には、行けそうで行けない場所です。その時は「ふうん、沢田としきと何か関係あるのかねえ」と思っただけ。
 
ところが今年になり、コノ店がランチを始めたのです。

101013

ランチメニューは、ほぼ固定。カレーの安さも気を惹くが、「瀬戸内海のいろいろ小魚フライ」には沸き立つ心を抑えられません。神戸より向こう・赤穂とか岡山で飲み食いした事ある人はご存知だろう。
瀬戸内のちっちゃい雑魚の旨さを。
名があって無いような地魚あれこれのフリットミストを。
特にネブト。ネブト旨し。ネブトの唐揚げ一口で一斗樽あいちゃいますよ。いやマジで(嘘)
 
 
てなワケで初手は瀬戸内海ランチです

1010135

予想以上に予想通りの小魚たちが登場! 旨い旨い旨い。
すみません、ビール1つ。
小皿の黒い液体は何と醤油。ココはウスターか、塩レモンが気分かなとも思うのですが、コノ店にはコノ店のやり方があるんだろう。悪くはない。
 

別の日、いよいよカレーライスを食べてみました。

1010133

まずはスープとサラダ
そしてほどなくカレー。
男にはちょっと少なめらしく、周囲の若き男子は皆大盛りを注文しているの図。

1010134

運ばれてきたカレーはそうスパイスが香ることも無く、母の作るキーマカレー的絵面にさしたる感動も無く。ただ「まあカレーはそうハズレないし」と期待もせずに食べると・・・イヤ、コレが、意外に、どうして、イケルんじゃないか。
 
インドでもない、タイでもベトナムでもない、かといって欧風でもない、独特のカレー。いったいこの粘りは何だ? じゃがいも? じゃがいもすりおろしの粘性?

粘るカレーなんてキモ!と思う人も、ぜひ一度お試しあれ。魅力あります。みょーに旨いです。旨い居酒屋の〆にありそうな、旨いカレー。それか「料理の上手い彼女の手料理」的な、旨いカレー。うちのサザエカレーのようなアレ。
 
 
周囲のカレー大盛り男子は皆一様にコロッケも追加していて、こっちも非常にそそられる。次はコロッケランチにしよう(と思いながらいつも小魚かカレーかどっちかにしちゃうんだけど)。サラダもスープも野菜いっぱいなので、一人暮らしのシモキっターにうってつけ。

1010132

夜のメニューも魅惑
 
 
 
で、冒頭のRay's Boogieに話は戻るのですが。

トイレに行くと沢田としきの絵があちこちに飾ってあり、その中にRay's Boogieの入口を描いたものが・・・!
ぶわっとたぎる血。
なんで? なんでココにRay's Boogieが? 
もう戻らない過去の思い出として、忘れようと思っていたのに

なんと、このラ・カーニャはRay's Boogieの人が作った店だったんです。
Ray's Boogieを14年間やった後、このラ・カーニャを始めてもう16年だそうだ。もう下北沢で30年だそうだ。

この移り変わりの激しい下北沢で
サラ金とチェーン店ばかりが目立つ下北沢で
30年やっていることの素晴らしさ

やば、目から水が

 
 
 

La Cana
東京都世田谷区北沢2-1-9
第二熊崎ビルB-1
Tel (03)3410-0505

1010139

|

« 世田谷線つまみぐいウォーキング・山下〜三軒茶屋〜松陰神社前(ぽろりもあるよ) | トップページ | きゃんどる@三軒茶屋でガルギール »

05:カレー」カテゴリの記事

09:下北沢とか世田谷とか」カテゴリの記事

コメント

感慨深いお話ですなあ。

こういう話を聞くと必ずピチカート・ファイヴの「東京は夜の7時」が頭に流れてきますよ。

投稿: ケロロ | 2010年10月14日 (木) 09時54分

涙は心の汗だぁー。
 jimmy

投稿: jimmy | 2010年10月14日 (木) 11時20分

ちょっと飛んでみたら、スケジュールも大人な店ですね。
ランチは月~金のみですか?土日もあったら嬉しいな。

よい話、ありがとうございました。

投稿: 中林20系 | 2010年10月14日 (木) 14時34分

2丁目って南側かぁ

あの頃は南口まで行かなかったなぁ・・・(45年前)

投稿: おいちゃ~ん、 | 2010年10月15日 (金) 03時51分

>ケロロさん
あの曲はとてもいい曲なのですが、カラオケで歌うと「いえー、いえー、いえー、ふぅ〜!」あたりでもう死にたくなるのが難点です。

>ジミーさん
鼻と目はつながっているのだから、鼻水が目からあふれてきた可能性も捨てられませんよ

>中林さん
あれ?前は土日もランチあった気がしたんだけど・・・。30周年イベントで流動的になっているのかも。

>おいちゃーん
45年前・・・さすがにその時代は知らないよう。とはいえ私が最初に来たのは11歳の時だから36年前か。あまり変わらないわw

投稿: じろまるいずみ | 2010年10月15日 (金) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258909/37224514

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・カーニャ@下北沢で涙のカレー:

« 世田谷線つまみぐいウォーキング・山下〜三軒茶屋〜松陰神社前(ぽろりもあるよ) | トップページ | きゃんどる@三軒茶屋でガルギール »