« ラオス・フェスティバル2010/その2 | トップページ | 世田谷線つまみぐいウォーキング・三軒茶屋〜若林 »

2010年9月 6日 (月)

ラオス・フェスティバル2010/その3・麺

ラオスフェスについては、こちらから読むと何かといいです。

さてラム&ドリアンで三途の川を渡り始めた我々は、末期の食事をおのおの調達することにしました。

10090410

お腹いっぱいで断念した謎のたべもの↑
たぶん、ココナッツで甘い

 

★ゲイティウペット(かもスープ麦面) 500

100904

「ペット(ペッ)」と書いてあるけど、「かも」と書いてあるけど、アヒルのこと。ラオスはアヒルをよう食べるらしい。

アヒルは飼いならされた鴨のことだし、アヒルと鴨は国によっては同一視されているし、日本でも鴨として流通しているほとんどがアヒル肉であるので(ジビエとしての野生の鴨はアヒルでは無いだろうけど)そこは全然OK。「麺」が「麦面」になっているのも、全然OK(笑)

1009044

スープは穏やかな醤油味
具はアヒル肉とパクチーのシンプル。いわゆる肉だけでなく、内臓も入っているのが嬉しい。写真でも↓砂肝は判別できるよね。パクチーはもっと山盛りがいいんだけど、フェスの屋台だし、今年は高いらしいのでこんなもんで。

1009045

メニュー名にあるゲイティウはタイで言うところの「クイティアオ」、中国で言うところの「沙河粉」・つまり幅広い平打の米粉麺の事でしょう。コレ、ホントに好き。

1009042

料理を受け取る所には↑自分好みに味を整えるアズユーライクコーナー。私は酸っぱ辛い好きなので、唐辛子を漬けた酢をぴやんっとかけ回す。ココには無かったけどライムがあればアホみたいに入れる。

 
 

★カオ・プン(ラオス素麺) 400

1009046

留学生の店の隣・大使館の店にて購入。

レッドカレーに素麺を入れたと思えば良いでしょう。表面の赤さからパンチの効いた辛味を想像するも、ココナッツミルクで非常にマイルド。むしろ辛味よりも、すんごい魚味にびっくりしましたよ。スープをすくうと崩れかかった魚の身(旨い)や、魚のスリミ(旨い)がどっさり、そしてスープも魚のダシ(旨い!)がぷんと香り、なんだかひどく懐かしい。

さらにビックリする事にコレ、ぱっと見は分からないんだけど底にいっぱい野菜が沈んでいるのです。めっちゃヘルシーなのです。魚と野菜と素麺だなんて、健康料理のお手本みたいなもんです。

1009047

つかコレがカレー&ココナッツではなく味噌味だったら、千倉のおばあちゃんが夏の昼ご飯として今日にでも食べていそうな料理ですね。ゆうべの余った素麺と、朝に余った味噌汁を使ってね。子供の頃は嫌いだったけど、今は涙が出ちゃうね。


★カオ・ピアック・セン 500

1009048

ラオスではよく米を食べるようです。
主食は蒸したもち米だし、お粥も定番。
そして米で作られた麺も種類が豊富。

コレは上記の「ゲイティウ」によく似ているが、「カオ・ピアック・セン」という、もちもちした麺。うん確かにコレはもちもちしているんだが、「もちもちせず、さらっとしたカオ・ピアック・センもある」らしく、いったいそのアイデンティティはどこにあるのか、さっぱり分かりません。

更に「ゲイティウ」「フー(ベトナムで言うフォー)」「カオソイ」は調べると全部「米で出来た平打麺」らしいのですが、しかも全て値段も違うっぽいのですが、いったい何がどう違うのでしょう。教えておじいさんとアルムのもみの木よ。

まあそれはともかく、このカオ・ピアック・センの白眉は、この具でしょう。
血を固めてプリン状にしたヤツ。
こういうのに私は目がない。大好き。

1009043

ここでもまた好きな味に調整するコーナー。


1009049

ともかくラオスフェス、気に入りました。
たぶんタイ料理より好き。
タイ料理より口に合う。
ラオスにもすごく行ってみたくなりましたよ。

できたら次回は、昆虫料理とか出すブースがあるといいんだけどな。「チナイ」食べたいじゃないか。「ジェオ・タイプ」も食べてみたいじゃないか。

|

« ラオス・フェスティバル2010/その2 | トップページ | 世田谷線つまみぐいウォーキング・三軒茶屋〜若林 »

03:喰った喰った」カテゴリの記事

08:出かけた」カテゴリの記事

コメント

一番下の写真
ココナッツミルクにアイスが乗ってて、
タピオカがどっさり入ってそうですねぇ。

投稿: ちりとてちん | 2010年9月 6日 (月) 20時33分

>ちりとてちんさん
そうそう、正にそのとおりの代物ですわw

暑い国の植物だからか、暑い日のココナッツミルクは胸がすう〜っとする

投稿: じろまるいずみ | 2010年9月 8日 (水) 07時59分

う~んどれもこれも美味しそう!
来年こそ是非行きたいです。

ちなみに館山でこういうものを食べたいときはジャスコ横の「たいこくどう」に行きます。青パパイヤのサラダやラープ、トムヤムクン・・・辛さも調節してくれます。

また食べたくなっちゃったw

投稿: mcstudio00 | 2010年9月 8日 (水) 22時45分

>mcstudio00さん
オススメです。ぜひ次回は行きましょう!

で、だいこくどうは多分、あそこかな?
ロックシティの道はさんだ向こうにある、エスニックな建物

房総には南国の食べ物が似合います。
鏡が浦に沈む夕陽と、ヤシの木のシルエット、そしてソムタムか。すごくいいじゃないかw

投稿: じろまるいずみ | 2010年9月 9日 (木) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258909/36568246

この記事へのトラックバック一覧です: ラオス・フェスティバル2010/その3・麺:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年9月 6日 (月) 12時05分

« ラオス・フェスティバル2010/その2 | トップページ | 世田谷線つまみぐいウォーキング・三軒茶屋〜若林 »