« 清水河岸の市・みやもと@静岡その5 | トップページ | 清水駅前銀座@静岡その7 »

2010年4月29日 (木)

清水河岸の市@静岡その6

清水の河岸の市の続き

100428

この日は平日だったのでどこもガラガラだったのですが、1軒だけ、際立ってすごい行列の店がありましてん

★おがわ

 

平日なのに1時間待ち!
土日ともなればさぞかしスゴいのだろう。2時間とか待つのかなあ。ランチのつもりがおやつ時間になっちゃうよう。

並んでまで食べたい理由はたぶんコレ

しみずみなと刺身定食 2000円

1004289

 ↑窓越しに他人を盗撮!

見ての通り、ものすごい分厚い刺身
名刺サイズ? いや名刺ひと箱サイズと言った方がいいくらいの、2〜3センチ厚さのぶった切り

ただし私はまったくダメです。
厚すぎる
コレじゃ、刺身を食いちぎらなくちゃいけないでしょう。
刺身は喰いちぎる食べ物じゃないもの

フグがなぜあれほどまでに薄造りにするのか、それは意味があるからで。
タマに「当店のフグは厚切りです」を喧伝する店があるが、アレは本当にフグのこと分かってないと思うわけで。
やはり魚にはそれぞれ適正な厚さがあると思うわけで。
つか「北の国から」なんてまったくもって好きじゃないのになぜこんな文体になっちゃったのかよく分からないけど、まあ、つまり、そういうワケで、コノ分厚い刺身はまったく評価できない。
まったくもって魚がかわいそうだと思う
頼まれたって食べないと思う
いや、「1万円あげるからお願い」と言われたら
あ、いや、5千円でも
あら、私って
あら、はしたない


★その他・売られているモノたち
・長崎、千葉、三重などの魚たち

1004283

前浜モノだけじゃないのはみやもとでも残念に思ったところだが、地元の人が買い物に来る場所だということなら、全国から魚が集まるのは仕方ないのだろうか。

東京から清水に遊びに行って、買った魚が千葉の魚だった〜というのは、がっかりしないのだろうか皆。

・うるめイワシ@三重

1004288

 
 

・貝いろいろ。サザエは済州島より

1004285

 
 

・海つぼ@地元・用宗より

1004282

いわゆるバイ貝なんだけど、この辺では海つぼ・もしくは海つぶなどと言うようです。

ちなみにちょっと種類は違うけど、コレも海つぶ?

房総でもそうだけど、昔はバカみたいに獲れたんだろうね。我々のサザエやシッタカやナガラミのごとく、子供が簡単に獲っておやつにしていたんだろう。清水出身の友人は、この海つぼが子供の頃の思い出の味だそうだ。いいなあ

 

・イソツブ@北海道

1004286

貝殻が違うよ?同じ種類なの?と思ったんだけど、こちらによるとこの手のツブ貝は総称として「灯台ツブ」と呼ばれて売られているようなので、よくあることなのでしょう。めちゃ元気がよく、あちこちで脱走中w

 

・桜えびのかき揚げ

10042810

大きい大きい、手のひらサイズのかき揚げ。
2枚で400円はバカ安

 

・こんなお菓子も

1004287

 
 

・茹でてあるからすぐ買い食いできる、ながらみ

1004284

 
 

この日は、コノ後もあちこちへ行く予定だったので、何も買えなかったのが残念。
朝採れたての椎茸なんて、めちゃ旨そうだったのにー

さてこのあとは、しずてつに乗って美術館まで

|

« 清水河岸の市・みやもと@静岡その5 | トップページ | 清水駅前銀座@静岡その7 »

08:出かけた」カテゴリの記事

11:チャブニチュードな店」カテゴリの記事

コメント

元気のいいツブ貝、めちゃめちゃ美味しそう~~~~~

投稿: 坂本 | 2010年4月29日 (木) 23時10分

べろーんとしたのが乗っかっている握りもアウトです。

投稿: jimmy | 2010年4月30日 (金) 10時37分

キラリと光るウェディングリングが!

投稿: MAY | 2010年4月30日 (金) 23時19分

おがわさんの刺身はマジで分厚いですが噛み切ることはありません、歯の悪そうなお婆さんが冥土の土産だと叫んで食べてました。歯ごたえは普通でした、だから人気店なんでしょう。
手のかかるメニューが無いのも安い秘訣かも。

投稿: 宮サン | 2010年6月19日 (土) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258909/34441848

この記事へのトラックバック一覧です: 清水河岸の市@静岡その6:

« 清水河岸の市・みやもと@静岡その5 | トップページ | 清水駅前銀座@静岡その7 »