« カフェ・フロンティア@広尾 | トップページ | フワと餃子と欧風カレー »

2010年3月 8日 (月)

砂町銀座〜バカ値の殿堂〜

さて「下町は好きじゃありません」と、どの口が言ったのか分かりませんが、ともかく私は先日、砂町銀座へいってきました

10030812

 

砂町銀座といえば、いかにもな下町商店街で有名
江戸城よりあっちはまったく不案内な私ですら、うすぼんやりと名前を聞いたことがあるくらいです
ホンジャマカ石塚がそちこちで買い食いしながら歩き回る画像を、見たような気もしますよ。イヤあれは彦摩呂だったか。それともギャル曽根か、まあそれはともかく

空は快晴、車を出してくれる連れもいる。オススメの店を教えてくれる連れもいる。近くにはこれまた評判のマフィン屋もあり、行かない理由が見つけられず。

東京へ戻ってきてからはじめて、山手線の向こう側へ行ってみました

10030813

さて砂町銀座は駐車場からしてドキドキです。

しまった、我々の車・横浜ナンバーだよ。よそ者だとバレバレじゃないか。ああ、係のおっちゃんがこっちを白い目で見ているような気がします。オレの目の黒いうちはよそ者には停めさせねえ、てやんでえ、べらぼうめえ、という目で見ているに違いないのです。

おとといきやがれ!と塩まかれたらどうしよう
すっとこどっこい!って答えればいいかしら
私は江戸っ子に対して何か間違った認識を持っているかしら

しぶしぶ狭小なスペースを案内され、口外しないことを条件に停めさせてもらうことができました
よそ者に貸したなんてことがバレたらおっちゃんが消される事必至なので、我々もしぶしぶ承諾
ふう、やれやれ
では訳知り顔のエセ江戸っ子として、銀座を歩き回ってみましょう

 

★魚屋「魚勝」
商店街に入ってすぐ右側 、いきなりすごい事になっています。
平日の午後1時だというのにコノ繁盛っぷりはどうしたことか。しかも皆ものすごい量の魚を買っているのです。日本人の魚離れが叫ばれて久しいが、いったいアレはホントなのか?
われもわれもとカゴに山盛り。店内はぎゅうぎゅう。店外は長蛇の列。むーん、中に入りたいが入れない。さぞかし安いのだろうなあ。うむう、あとでまた来てみるか

10030810

砂町銀座スラング・バカ値の文字があちこちで踊ります
野菜も魚も肉も天ぷらも、バカ値
おもちゃも福袋も、バカ値
もちろんサングラスも、バカ値

1003089

ホントにバカみたいに安い


★アサリ入り深川餃子@味心なか家

1003084_2

料理自慢の私にとって、出来合いの餃子を買うなんてのは愚の骨頂なのですが、アサリ入りとなれば話は別。ちょっくら味見をしてみたいじゃないか。「唐辛子入りの赤」というコンセプトも、あざとくて好き。粘土細工みたいなサンプルも好き。とーぜん赤白の両方いただきますー

1003083

もっと辛くてもいい

 
 

★あおやぎフライ・あおやぎ天ぷら@あさりや

1003085

こっちでは当たり前のアオヤギ。でも名古屋ではあまり目にすることはありませんでした。舌きりと呼ばれるペロンとした部分も、小柱も、生ではまず見ない。茹でたものが春わずかに出回る程度で、その用途は恐らく100%酢味噌でヌタ。ごくたまに見つけても意外に高価なので、大事に大事に食べたものでした。

アサリと違い、砂をはかないので処理が面倒だからか?
潮干狩りでも嫌われ者だし

1003082

コレはすぐそこの浦安の海で獲ってきたアオヤギだそうだ。やっぱ産地はいいなあ。1本120円・大振りのあおやぎ5〜6個が串打ち。

家に帰ってから軽く炙り、カレー塩
ビール!ビール!ビール!
 

 
 

★モツ煮込み@竹沢商店

1003086

ああ名古屋にいた頃、どんなにコノ東京の煮込みを欲したことか!
もちろん名古屋にもモツを煮込んだ料理はあるにはあるのですが、ドテ煮になってしまうのです。名古屋のアノ真っ黒い味噌でこってり煮込まれた、テラテラ黒光るドテ煮になってしまうのです。まあアレはアレで、名古屋を離れてしまった今となってはむしろ懐かしく、ドテ食べた〜い、なんてひとりごちたりするのだが

 
ともかくモツ煮込みがこんなに気軽に買えるとは、さすが砂銀
よ、よし、800グラム買うぞ 
・・・と、ふと隣を見ると

1003087

1キロですよ、1キロ
500円ですよ

どう転んでもシモキタにはないよう。キロ単位のモツ

よ、よし、こっちにするぞ
1キロ買うぞ
自分で煮込み作るぞ、満喫しまくるぞー
・・・と、ふと隣を見ると

1003088

フワ(肺)500グラム・300円

いずみ撃沈

私はフワが大好きなのです。メニューにあれば必ず食べる。煮込みの鉢から探して食べる。行儀悪いが、箸でつつき回して選って食べる。
コレが単体で売っているなんて
一度に500グラムも売ってくれなんて

フワ購入決定
 
ホントは白モツ1キロも買いたかったのだが、すでに餃子もフライも天ぷらも味噌も醤油も買っており、重量オーバーを心配したことと、横浜ナンバーの車にこれ以上臓物を持ち込むのはいくら友達とはいえ悪いかなあと杞憂して、泣く泣く止めました。次回はマスト
 

 

塩うどん@梅むら

10030811

やーたーらー旨そうだったのですが重いし疲れたし、で泣く泣く諦めた次回のマスト

 

商店街の入り口まで戻ってきたところで、先ほど激混みだった魚勝を覗くと、すでに誰も並んでおらず、魚もおらず、片付けムード一色。
こいつも次回のマスト

つかそもそも砂町銀座はおでん目的で行ったのに、練り製品を何ひとつ買ってないのは ひみつ

|

« カフェ・フロンティア@広尾 | トップページ | フワと餃子と欧風カレー »

02:変なもの見ましたか」カテゴリの記事

08:出かけた」カテゴリの記事

コメント

でもやっぱり、下町は嫌いなんでしょ?

投稿: 中林 | 2010年3月 8日 (月) 16時48分

どうみても『ファイトの』ファのようだよ

牛ファー〜

投稿: うっほいほい | 2010年3月 8日 (月) 20時07分

笠原歯科医院もよろしく。

酔っ払って行ったら、顔に水ぶっかけられてから治療が始まるとか・・・

投稿: おいちゃ~ん、 | 2010年3月 8日 (月) 23時13分

砂町銀座は魅力的なんですけど、何がどう下町なんかわかんない。(関西には下町の概念がない)

投稿: いけずな京女 | 2010年3月 8日 (月) 23時22分

S:おとといきやがれ!
M:すっとこどっこい!
上記の会話は初級江戸っ子弁講座では基本形です。
いや~、久々だよパラディ~ス、砂町銀座!!
あおやぎ、子供の頃にはさぁ、腰をくねらせきゅっきゅっきゅっ、随分と掘り当てたよ。あさりより、断然あおやぎだったね。
うちに帰ってね、にくてんにドバァーと両手いっぱい入れて焼くんだよ。うまかったなぁ。

投稿: Mihoo | 2010年3月 9日 (火) 02時51分

で「砂町」ってどこ?(ピュ〜

投稿: MAY | 2010年3月 9日 (火) 11時21分

>中林さん
嫌い嫌いも好きのうちw

まんじう怖いよう

>うっほいほい
イは胃袋のイ〜
ズはずうずうしいのズ〜
ミはミノ(牛の第1胃袋)のミ〜

イとミが胃袋ってとこがライムだよ。ディス!

>おいちゃーん
それはぜひともベロベロで行きたいものだw

>京女さん
たぶん、本来の「山の手 vs 下町」の図式は曖昧になっていると思うのですが、私の中の定義としては

1・ヤンキー多い
2・空が灰色
3・ウザイ人間関係
4・ホームセンターとオートバックスとスーパー銭湯

というのが下町です。そうなると尼崎あたりは下町かもしれません

>みほおさん
でもさあ、砂はかないで〜? バカ貝
私はかつて3キロほど採取したけど、処理に力つきて、2キロほど海に返しにいったことがあるもの

投稿: じろまるいずみ | 2010年3月 9日 (火) 11時28分

>MAYさん
あのね、右の方
びゅーって右に行って、ちょいっと上に曲がったらあったよ砂町銀座

投稿: じろまるいずみ | 2010年3月 9日 (火) 11時29分

フワはどんな料理になったのかな~。
「フワだけ」煮込みですか(笑)?

投稿: GO!GO!マリーンズ | 2010年3月 9日 (火) 15時33分

田舎のおばちゃん、おばあちゃんをなめたらいけませんぜ、いずみ様。バカ貝の下処理であろうが、たとえ3kgあろうが、何時間でも延々とやりますよ~。まあ、井戸端会議の余興ってとこ。客は近所の人限定という田舎のにくてん屋では、昼過ぎに店のおばちゃん、客のおばちゃん達総出で、下ごしらえをやってました。で、終わったら、「まあにくてん1枚食べ行き~」って焼いてくれるのよ。

投稿: Mihoo | 2010年3月 9日 (火) 17時11分

>マリーンズさん
本日の日記に完成品が!

あれほど「足りないかも」と思った500グラムだけど、うちに帰ったら「1キロ買わなくてよかった」になりました。

>みほおさん
ああ、女達の井戸端会議&下ごしらえですね。映画とかで見るととってもステキで、私も「そうよね、ソフィー」とか言いながら延々と豆をむいたりしたいわぁ〜と思うんだけど、実際は近所のババアに口うるさいこと言われる修行の場の、アレですね。
特に嫁の立場だと、地獄の特訓になっちゃうアレですね

投稿: じろまるいずみ | 2010年3月 9日 (火) 18時40分

関西ならジャリンコチがいそうだな、ホルモン。

投稿: DO・塩竃 | 2010年3月 9日 (火) 19時57分

あ、じゃりんこチエが住んでいたあたりは、私の思う下町と同義ですね。西成区なんだよね。きっと安くて旨いうどん屋があるんだよ

投稿: じろまるいずみ | 2010年3月10日 (水) 09時36分

下町ねぇ 京成立石なんてディープなところに
何故かいった事あるよ

投稿: まつよし | 2010年3月12日 (金) 21時23分

>まつよしさん
立石も私にとっては、とにかく忌み嫌う下町の雄なのですが、実は行けば行ったなりに楽しめるのは、ひみつ

たぶん、下町好き・立石好きのおっさんに苦い思い出がトラウマでPSDなのです

投稿: じろまるいずみ | 2010年3月13日 (土) 10時06分

最後のコメント聞き捨てならぬ( ̄▽ ̄)

投稿: まつよし | 2010年3月15日 (月) 11時09分

>まつよしさん
おやおや、もしや立石の肩をもつ一派ですか!?

ちなみに「本当の酒飲みとは」などと語りだすおっさんもトラウマなのですよう。

酒飲みに本当も嘘もあるものか。あるのは酒だけだー

投稿: じろまるいずみ | 2010年3月15日 (月) 17時34分

ちゃいまんがな 立石なんぞは
どうでもよろし。

聞いて捨てちゃわないと
変なものが溜まっちゃいそうなので
やっぱり焼却処分いたします。

投稿: まつよし | 2010年3月15日 (月) 19時01分

>まつよしさん

なに? 焼却処分なに???
レコードならもらうよう。イヤCDでもー
まつよし的イメージはHM/HRですが、違いますか

投稿: じろまるいずみ | 2010年3月15日 (月) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258909/33683409

この記事へのトラックバック一覧です: 砂町銀座〜バカ値の殿堂〜:

« カフェ・フロンティア@広尾 | トップページ | フワと餃子と欧風カレー »