« 中パン(中村屋)館山・その5 | トップページ | いんでいら@渋谷 »

2010年2月21日 (日)

中パン(中村屋)館山・その6

中パンについてはココから

 

さてこんなもんでは中パンの魅力は語り尽くせはしないのですが、とりあえずコレにてひとまずおしまい。言い残したことをドタマ振り絞って思い出してみるよ

★ロシアケーキ

100221


 

さあロシアケーキと言っても、いったいソレが何をさすのかさっぱり分からない人も大勢いらっしゃるとは思いますが、ともかく房総の贈答品としてロシアケーキは、鯛せんべいや、花菜っ娘と並ぶ王道中の王道でした。

★鯛せんべい 20枚 とてもきれいに形どられた鯛せんべい。そしてお砂糖の白い部分には鯛の絵が刻まれています。房総の鯛せんべいはとても有名。房の村に来たお客様は皆、「あっ鯛せんべいだ〜!!これ、おいしいんだよ〜」と口を揃えていいます。

地元を同じうする貴兄なら分かりますよね。家の戸棚になんでかいつも転がっていたロシアケーキ。固さに辟易した日々もあったけど、空腹には勝てずボリボリ齧った青春のロシアケーキ。見た目ほど味に違いのないのが残念ロシアケーキ

ブルボンのホワイトロリータとか、ヨックモックとか、泉屋のクッキーのように、誰が買ってくるのか分からないけど何故か家にある、そんなロシアケーキ

1002212

今国内で「ロシアケーキ」という名称のモノを作っている店はいくつかあるのですが、それぞれまったく違うものを出しているようです。ある店はクッキーのよう。ある店はケーキのよう。しかし中パンのロシアケーキは、日にちが経ち水分が完璧に飛び固くなりすぎたマカロンのよう。Some like it dry

イヤ、ホントに固いんだって

「ロシア皇帝のお抱え製菓技師」から教えてもらった由緒あるレシピに文句をつけるつもりはまったくないが、この固さはホントにロシア皇帝の許可を得ているのでしょうか。
だいたい皇帝一家なんて甘くて柔らかいモノばかり食べているだろうに、こともあろうにコノ固さときたらどうだ。脆弱なアレクサンドルにこのロシアケーキが咀嚼できるとでも言うのか。いわんやニコライおや、じゃないか。エカテリーナはバリバリ喰っちまうのか、それはさておき

ロシアケーキは他に、個々のイカすネーミングも大層気になる所です。
「カラコスキ」とかいう、やたらロシアっぽい名前はともかくとして(しかしどういう意味なんだ)、「ホワイト」「ハート」「プラム」は英語。そして「コパン」はフランス語のコパンでしょうか? トモダチとかいう意味の? しかし仮にフランス語のコパンだとて、なぜそのネーミング

そして「ヒシ」って・・・・

1002213

菱形だから「ヒシ」なんだろうが、だったら「ダイヤ」にすればよいではないか。どうしても「ヒシ」を譲れないと言うなら「ハート」は「シンゾウ」だ。「ホワイト」は「シロ」だ。なぜ「ヒシ」だけ日本語? なぜ「ヒシ」だけ仲間はずれ?
ロシア皇帝はこのことを知っているのか

 

ちなみにこのウルトラ日持ちするロシアケーキですが、他のパンと同様、午後には売り切れることもしばしばです。目当てのものがあるなら昼までに出向く事をオススメ。先日も午後3時に「ホワイト」しか購入できず、ほぞを噛みました。気をつけましょう

 

中パン以外でロシアケーキというモノを買える店はいくつかあります。まあ中パンが1番に決まっているのですが、参考までに↓

村上開新堂
中山製菓
栄光堂製菓

本日!当店、全商品ポイント5倍!ロシアケーキ SRC−6【フェスティバルライフ0218×5】

 

★2階のメニュあれこれ

近いうちにちゃんとメニュー表を撮ってこなくてはイカンと思ってはいるのですが、とりあえずあいまいな私と日本の記憶でもの申してみようかと思います

・房総牛乳があった

アイスミルクじゃない、牛乳
しかも房総牛乳。擬人化された牛さんイラストがほどこされた、あの房総牛乳。恐らくパックからグラスに注いでそのまま、の房総牛乳。確かメニューにも「房総牛乳」と記載されていたと思う。確認しなくちゃ。まだあるかな

・ブルーハワイ

なんでか昔から中パンはブルーハワイが好きだ。昔からかき氷メニュにもブルーハワイ、ドリンクにもブルーハワイ。ドリンクのブルーハワイはアイスが乗っていて、味はクリームソーダ。でもクリームソーダよりちょっぴり大人っぽい気がして、時折注文していました。ちなみにブルーハワイのアイスはバニラです。モカじゃありません。ほっ

1002214


・ホットケーキ

1002215

昔は無かったんだけど、今は絵に描いたような王道ホットケーキがあります。
ホットケーキって意外に外では食べないし、さりとて家でも自分で小麦粉から配合して〜なんて作る人も少ないと思う。中パンのホットケーキは、いわゆるホットケーキミックスでは決して味わえない、ベタでダサイがゆえのしあわせホットケーキ。バターとシロップで口の周りをべたべたにして食べたいものです。

1002216

 

しかもこのホットケーキ・なんと素晴らしいことに
1枚だけでも注文可能

1002217

ちょっとした虫養いに1枚だけ食べるもヨシ。チキンバスケットで物足りない、若い腹を満たすもヨシ。マロンとイチゴと小倉を1枚づつ注文し、魅惑のホットケーキトリオを構築するもヨシ。

それにしてもアラモードって何だろう。
ああ、また中パン独自のルールがここに

 

・カレーも旨い

1002218

昔は無かったけど、カレーやシチューなどが食べられるようになりました。
しかも中パン品質!
どれもまっすぐ丁寧な、きちんと作ったんだなあと分かる味。
このチキンカレーセットも旨い旨い

そして新メニューのスープカレーがバカ安だという噂なのだが、もしや「カレー粉を使う量が少ないから」という理由からだろうか。マジでやりかねないのが中パン品質だろうか


さて身内からも「長い、長過ぎる」と不興を買っている、コノ中パンシリーズは、いったんこれでおしまい

次回からはペリー・ローダンのひそみに倣い、作家12人体制で100年連載することにしました。もちろん週刊です

じろまる先生の次回作にご期待ください!(ジャンプで首切られたときの常套句)

       

|

« 中パン(中村屋)館山・その5 | トップページ | いんでいら@渋谷 »

06:パンと甘いもの」カテゴリの記事

コメント

なぜかあるお菓子といえば、確かにホワイトロリータを外すことは出来ませんが、田舎の高級感を押し出したものは、ロリータではないでしょうか?
法事の時に大活躍!

普段はソフトサラダとか、おかきだったなあ。

このロシアケーキ、でもどこかでみたことがある気がする。
名前を変えていろいろなとこに生息していそうです。

投稿: す~さん | 2010年2月21日 (日) 17時24分

ロシアケーキ、京都で一番古いケーキ屋さんにありまーす
一応、「京都に住んでたロシア人夫妻に習った」ということになってまーす
あの赤いジェリーが乗ってるのが、いかにも

投稿: いけずな京女 | 2010年2月21日 (日) 20時26分

そうそう
カレーが気になってました
週刊「中パン♪」での特集を願う(*^ω^*)ノ彡

投稿: MAY | 2010年2月22日 (月) 02時25分

マジでやりかねないのが中パン品質:言い尽くされてますね。

投稿: DO・塩竃 | 2010年2月22日 (月) 05時36分

>す〜さん
ロリータ? ホワイトロリータじゃなくてロリータというお菓子が別にあるのかしら
私が知らないだけかしら

>京女さん
ロシアケーキの定義は「ロシア人に教わったレシピ」という以外に、「ジャム使い」にあると睨んでおります

>MAYさん
「週刊:中パン」創刊号は290円!
♪デアゴスティーニ

お楽しみに〜

>塩竃さん
じゃがいも+肉カレーが安くて、じゃがいもだけカレーが高い理由は、未だに見つかりませんw

投稿: じろまるいずみ | 2010年2月22日 (月) 07時37分

ごめん、「ルマンド」です。

投稿: す~さん | 2010年2月22日 (月) 09時09分

ネーミングの振れ具合が楽しすぎます。

カラコスキだけが旧ロシア帝国の生き残りなのかと。他は亡命生活で名前変えてるんだな。

投稿: ケロロ | 2010年2月22日 (月) 11時27分

>す〜さん
そうだよね、そうだよね。ルマンドもそういうお菓子だったよね。紫色のパッケージでね

>ケロロさん
あ、、、なるほど。亡命したからなのね。
アナスタシアはアメリカに行ったから、ハートやプラム
大泉アキラがヒシかしら無理矢理かしらw

投稿: じろまるいずみ | 2010年2月22日 (月) 15時32分

え~、終わっちゃうの~

ちなみに我が家にロシアケーキはありませんでした。シベリアはあったけど。

投稿: GO!GO!マリーンズ | 2010年2月22日 (月) 17時16分

中パンのクリームパンが無性に食べたくなって検索していたらたどりつきました!
安房高出身者です。(同じ兎年ですが、マックがあったので年下かな?)
中パンを熱く語っている記事を読んで涙々です~(ノω・、)
最近は、帰省時に買いに行ってもなかなかお目当てを手に入れられません。地元以外の方にも人気が出てるからなのでしょうね!

まだまだ続きが読みたいです!
ついでに小倉ネタも・・・

投稿: ばるたん | 2010年2月22日 (月) 19時05分

>マリーンズさん
シベリア! 逆に私は東京にきてからシベリア(シベリヤって書くとこもあるね)を知ったのよう。

>ばるたんさん
ああ〜後輩〜〜〜。たぶん一回り下でしょうか? いいなあマックがあったなんて。確かサカモトの一階に出来たんでしたよね? 違ったかな?

高校時代の私は、中パンと、ねむと、MONをとても愛しており、タマにアミーチェ、「こけし」でワッフル、ペガサスでピザ、お金がないときはもちろん、小倉でしたよW

一回り下というと、英語科がもうあったのかなあ
アレは羨ましかったなあ。当時あったら絶対受けてたよう。修学旅行アメリカだもんね

投稿: じろまるいずみ | 2010年2月23日 (火) 11時49分

髭を生やしているおばあちゃんがいるお国ですから。

投稿: jimmy | 2010年2月25日 (木) 16時39分

おっ、おっ、おもしろい。
腹をかかえて読んでしまいました。

中パンでこれだけ語れるとは。
長束社長に教えてあげたい…って、
当然読んでるでしょうな。

頑固さとこだわりは社長の性格でしょうね。

パンをビニール袋に入れることになったとき、
そんなムダなことでコストを上げてどうする?って、
かなり悩んでました。時代の流れですからね。

だから不思議な現象が起きるんでしょうね。

中パン探検隊続編、期待してます。

投稿: いいな | 2012年2月28日 (火) 16時39分

いいなさん、ありがとうございます。気に入っていただけて嬉しいです。

ところでわたくし、facebookの方にも勝手になかぱんファンページを作っておりまして
http://www.facebook.com/nakapan.love

それで去年の暮れ頃でしたか、なかぱん公式サイトの方からなかぱんにメールしたんですよ。「私は勝手にfbページ作っちゃったのですが、もしイヤだったら消します。ご教示ください〜」って。あれから数ヶ月、何も返信がないので心配しております。もし社長をご存知でしたらお伝え願えないでしょうか。

ちなみにいつか本家がなかぱんページを作るときにhttp://www.facebook.com/nakapanを使うだろうと考え、わざわざhttp://www.facebook.com/nakapan.loveと、loveをつけてるのです。ファンサイトを強調してるつもりであります。なかぱんラブ〜。

投稿: じろまるいずみ | 2012年2月28日 (火) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258909/33472728

この記事へのトラックバック一覧です: 中パン(中村屋)館山・その6:

« 中パン(中村屋)館山・その5 | トップページ | いんでいら@渋谷 »