« ス・ガーモ その2 | トップページ | Windows7制圧 »

2009年10月29日 (木)

ス・ガーモ その3

予告通り「次に巣鴨へ行ったら食べたいアレやコレ」についてちゃんと書く、法を遵守するわたくしが来ましたよ
長いものにも積極的に巻かれておりますよ
どうぞお見知りおきのほどお願いしますよ

さて知らない街には、知らない食べ物があり

ふだん下北沢で若者が好きそうなモノしか見てないので、巣鴨の何もかもが非常に新鮮です
だってこんなのシモキタには無いよ!?の連続です

 

★お赤飯

0910295

いくら和菓子屋の喫茶室とはいえ、メニュにただ「お赤飯」とあるのはもう見なくなって久しい光景でしょう。赤飯がハレの日の食べ物だった時代を思い出します。「喫茶室」という呼称もノスタルジア

 

★五目すし

0910296

お赤飯に並ぶ、ハレの日のごちそうでしたよね。この椎茸やカンピョウの色合いは、遠い昔にシューちゃんのオバアちゃんが作ってくれたアノお寿司の色。きっとコレ・精進なんだろうなあ。穴子なんか入ってないんだろうなあ。すんごく甘いんだろうなあ

 

★おばさまランチ

091029

お子様ランチをもじって「大人様ランチ」なんてのはよくある光景だが、「おばさまランチ」は盲点でした。1900円という観光地値段もさすがの貫禄です、おばさま。

ただ、お子様ランチに年齢制限があるように、おばさまランチにも「おばさまたる資格」の提示を求められるのかどうかが、大変気になります。たぶん「ああ、あなたはおばさまではなく、おばちゃんですね」とか言われるに決まっているのです。隣卓の大きなアメジストの指輪をしたおばさまが ほほほ と勝ち誇って笑うのです。うわああん

 

★ざるボタ

0910293

いや、もう、何の虚飾も誇大もない「名は体を表す」メニュなのですが、そんな言い方しなくっていいだろう、ざるボタ

ざる蕎麦とボタもちだから、ざるボタ
日本人なら4文字に略すぞ、ざるボタ
ブラマヨ、フルポン、いとこい、ざるボタ

「海苔嫌いだから除けて下さい」と言ったら、もりボタ

 

★すっぽんソフト

0910292

甘く香るマダガスカル産バニラビーンズと、浜名湖産すっぽんのマリアージュ♪
気軽にソフトをなめるフリをして、特別な効能も手に入れることができるのです。
こんなに身近にすっぽんが!

 

★立ち飲みすっぽん

0910294

これは珈琲ではありません
すっぽんスープなのです
ふらりと立寄り、ちゃっと立ち飲み、さっさと立ち去るが大人の所作

 

★そしてオオトリはこちら

0910297

ええと、写真ではまったく分からないと思いますが(嘘)こちらはとある全国チェーンの巣鴨店です。
なんとコノ巣鴨店だけ、他の店と違うのです
他店には無い特典があるのです

寿命が10年伸びる

嘘ではありませんよ
右下に写っている女の子がそう言っていたのですよ
グラコロをオススメする一方、その効能までお知らせしてくれたのですよ
道行くお年寄りに、耳寄りな情報を教えてくれたのですよ

寿命が10年伸びますよ〜って

延命の秘薬を食べ物に混ぜているのか、店内の空気に含ませているのか、実は椅子に特殊なツボ押しの仕掛けがあるのか。そこは企業秘密だと思いますが、ともかくこの恩恵にあずからない手はありません。

グラコロが終わっちゃう前に、急げ!

|

« ス・ガーモ その2 | トップページ | Windows7制圧 »

02:変なもの見ましたか」カテゴリの記事

08:出かけた」カテゴリの記事

コメント

むふふ♪そうか、枯れ専に関係なくデキてしまったアラ還のカレシとデート、にはス・ガーモですねっ!

投稿: apple-a | 2009年10月29日 (木) 08時33分

その近くにあるバーガーキングの女の子も同じこと言ってましたが、どっちを信用したらいいのでしょうかw

投稿: jimmy | 2009年10月29日 (木) 09時14分

長生きしたくはないんですが(還暦の誕生日にポックリいきたい)、すっぽんソフトにはハゲシク興味があります。

で、たぶん関西人には「おばさまランチ」は受けないとおもうの、ほら、こっちには「おネエさん」しかいないから♪

投稿: いけずな京女 | 2009年10月29日 (木) 09時28分

>apple-aさん
いやいや、巣鴨ではアラ還程度ではまだまだひよっこです。もうちょっと寝かせてからお越し下さいますようw

>ジミーさん
両方いただくと、なんと寿命が20年伸びる!

>京女さん
おネエさん以外に、お嬢さんもいらっしゃるのでしょうか

投稿: じろまるいずみ | 2009年10月29日 (木) 10時09分

すっぽんエキスハチミツ「サービス」、ということは、断ることもできるんですよね。
すると、ソフトクリームの上からかけてくれる?食べにくくない?

投稿: ちゃりんこ | 2009年10月29日 (木) 10時18分

私も五目寿司がよくわかるアラ還ですが、ス・ガーモ・デビューまではまだ暫く待たなければならないのですね。
その2のコメント返しですが、その寿司職人さんは、ごくたまに行くお店にいました(今は移りましたが)。まあとにかくホノルルの日本人社会というのはそれほど狭い世界だということです。

投稿: ひろハワイ庵 | 2009年10月29日 (木) 12時41分

飲んですぐわかる:とっても気になる。

投稿: DO・塩竃 | 2009年10月29日 (木) 13時30分

赤飯に紅生姜!?

投稿: GO!GO!マリーンズ | 2009年10月29日 (木) 16時46分

魔法使いが張り切って食べたら、はりボタ。

投稿: てつらんた | 2009年10月29日 (木) 20時37分

>ちゃりんこさん
そもそもこのすっぽんエキスが、液状なのか、粉末状なのかが分からないのですが、ソフトクリームとの相性を鑑みると、「粉末をふりかけ」が正しいような気がします

ものの5秒で見事にソフトと溶け合うのです、きっと


>ひろさん
なるほど、ホノルルなんてものすごく沢山日本人がいそうなもんですが、そうでも無いのですね。


>塩竈さん
ええ、その点は私も気になっていたところです。特に「すぐ」というのがどれくらいの時間なのかが知りたいわ


>マリーンズさん
ああっ  ホントだ!
気がつかなかったよ。赤飯に紅生姜だよ
うーん、食の方言なのか、この店オリジナルなのか

>てつらんたさん
よろしい、ホグワーツへの入学を認めましょう

投稿: じろまるいずみ | 2009年10月30日 (金) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258909/31981556

この記事へのトラックバック一覧です: ス・ガーモ その3:

« ス・ガーモ その2 | トップページ | Windows7制圧 »