« 大珍楼ボウボウコウ | トップページ | 都築響一★トークLIVE&スライドショー!のおしらせ »

2009年10月13日 (火)

ス・ガーモ

都のノースウエスト、巣鴨へ出かけてきました

0910132

巣鴨はいったいどういう街かというと、

 

皆様ご存知のとおり、楽天の本社があり

0910133

F.O.B. COOPの本店があり

0910134

シャア専用の装備品を買える街です

0910135

正味の話がまったく惹かれないコノ街へわざわざ十数年ぶりに足を踏み入れた理由は、実のところ捜査員からのタレコミでした

少しばかりアクの強い大将が営んでおりますが、
緑茶は抜群にうまかったです。

誰かに教えたくてたまらなかったので

この捜査員・Hくんは若い頃から食べ物に真摯に向かい合う質で、彼が旨いと言うモノは、絶対試してみる価値アリなのです。もう私は何年もそういう生き方をしてきたのです。教えてもらってから2週間も経っちゃったけど、ようやく行けたよ

緑茶専門喫茶・壽(ことぶき)

実家は、あまり緑茶を飲む家ではありませんでした
御客には出していたものの、自ら積極的にお茶を淹れる者は、家族の誰一人とてなく。
子供の時分はもっぱら麦茶・紅茶・珈琲。
そして井戸水がすごく旨かったので、井戸水をそのままごくごく。

今のマンションでも、急須も湯のみすらも、ありません
こないだ買ってきた抹茶は、泡立て器で点てました(!)
そんな私がいったいコノ店で、何かを得られるのか

咳払いひとつしない、静謐でスタイリッシュな空間で
アクの強い大将に「なんだその飲み方は!」と叱られたらどうしよう
「もう一度、店に入ってくるところからやり直し!」だったらどうしよう
隣卓のおばさまに「これだから若いもんは」と嘲笑されたら、どうしよう
もう若くないのに・・・イヤそこじゃなくて

地蔵通商店街を庚申塚に向かって行くと、左側。人を寄せ付けないデザイナーズ建築かと思いきや、意外にも人なつこい風情の壽があります

0910136

表にはハッピを着用したにこやかなおじさま
皮ライダースにサングラスの若造も、ノーメイクのジャージ女も、分け隔てなく迎え入れるおじさま
厚化粧の肥満メガネも、無事に入店を許可されました。ああよかった

メニュは豊富ではありませんが、1つ1つの説明書きにとても気持ちが入っており、どれもこれもたまらなくオイシそう
玉露系が4種類?
煎茶系が5種類?だったかな
すぐにメニュを下げられてしまったので、うろ覚え
あとジュースとか、抹茶ラテ?とかもあった気がしますが、うろ覚え

迷ったあげく、玉露の「甘露 @700」にしました
「少々お時間いただきますが・・」と言われ、胸が高鳴ります
ちゃんと淹れるってことでしょ?
玉露は湯温が大事ですからね
それくらいは急須レスの私でも知ってますよ
ちゃんと淹れた玉露は甘いってことも知ってますよ
井戸水ドリンカーの私でもご存知ですよ

たぶん結構待ったと思うのですが、カウンターで何度も湯冷ましに湯を移し替えているのを見ていたので、店主が遊んでいるワケじゃないことは承知。ああ、待ち遠しい

来た!

0910137

思ったよりずっとぬるい
びっくりするほど旨味成分がある
そして、アゴがはずれるほど、旨し

Hくん。確かにこりゃスゴいよ
抜群に旨いよ
こんなのいただいたら、他のも試してみたくなっちゃうよ
甘露より高い、@1000の玉露はいかばかりか知りたくなっちゃうよ

3煎目の最後の一滴まできっちりいただいて、あ〜甘露、甘露

連れが頼んだ煎茶(名前失念)も、最初は香り高く、2煎目、3煎目とぐんぐん味わい濃くなりゆく変化を楽しませてもらいました。コレで@600は安すぎるのではないか

0910138

お茶請けの器がプラッチックなのを憂う向きもあり、確かにトレイもプラッチック。確かに安っぽい。確かに今日のお茶請けも10円饅頭だ。

でも

抜群に旨いお茶を、しきたりとか礼儀とか作法とか抜きで、カジュアルにいただける店はそう無いと思う。もっと豪奢な設えに、給仕はお着物の女性、そしてどこぞの銘菓をお茶請けにする店はあっても、サンダル履きの買い物帰りに玉露で一服できる店は無い。
このしあわせは、なんと希有なことか

壽は壽のままで、変わらずにいてくださいこのままで

超オススメ

 

|

« 大珍楼ボウボウコウ | トップページ | 都築響一★トークLIVE&スライドショー!のおしらせ »

03:喰った喰った」カテゴリの記事

08:出かけた」カテゴリの記事

コメント

荻窪にもいい店、ありましたが閉店しました。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131906/13006232/

投稿: jimmy | 2009年10月13日 (火) 10時50分

ぜんぜん本文じゃないんだけど
スポンサーリンクの
「会社の帰りに…」の茶学校
わたしがその昔行ってた
ボーカルスクールが
やってる教室なのよねeye

唄うとのどが渇くからsign01
唄うたいにはお作法も必要だからsign02

投稿: MAY | 2009年10月13日 (火) 15時47分

ス・ガーモはご近所さんですがほとんど行きません(用事ないし)。ときわ食堂も未だ行った事が無いジモピーです。

投稿: DO・塩竃 | 2009年10月13日 (火) 16時01分

(*^-^) 入りにくそうなお茶やさんですね。
雰囲気が和菓子やさんみたいで。

投稿: ゆり ねこ | 2009年10月13日 (火) 23時31分

>MAYさん
残念ながら「学校帰りに」のお茶学校がよう分からん。

>塩竈さん
地図で見たら、確かにすごくご近所さんですね? ときわ食堂は前を通っただけだけど、ずーーーっと混んでいたよ。

>ゆり ねこさん
違うの、違うの、コレなら入りやすいの。もっとコンクリ打ちっぱなしの、おしゃれスタッフの、環境音楽の、スタイリッシュ・デザイナーズ建築かと思っていたの。

投稿: じろまるいずみ | 2009年10月14日 (水) 10時41分

>ジミーさん
その店、すごくステキだぁ。もう無いなんて残念

投稿: じろまるいずみ | 2009年10月14日 (水) 10時47分

えっとWoodという新宿の教室
リンク変わっちゃうからタイミング合わないと
見られないのね

で火曜日に行った新宿「凡」
コーヒーはお好き?

投稿: MAY | 2009年10月15日 (木) 12時17分

遅くなりました。取り上げて頂きまして、御礼申し上げます。お褒め頂きまして恐縮です。サンダル履きでいただける玉露、素晴らしい表現ですね。誰でも美味しく戴ける煎茶を加え、頑張っています。また御来店くださいませ。

投稿: 壽 | 2010年1月14日 (木) 06時42分

>壽さま
コメントありがとうございます!
この日記のあと、何度か寄らせていただいておりますが、いつもいつも「あああ・・・」と天を仰ぎ「甘露、甘露」とお約束のようにつぶやきます

ご近所の方も、観光客も、気軽に・しかし抜群に旨いお茶で一服できるしあわせが、壽にはあります。
壽を知った私は、しあわせモノです

また伺いますね
「甘露、甘露」とつぶやきながら、にやにやしているのがいたら、ソレは私です

投稿: じろまるいずみ | 2010年1月14日 (木) 07時07分

甘露甘露、覚えていますよ~。御来店時にやっちゃって下さい。今、大変貴重な慶壽という、とんでもない玉露が微量に入りました。これがあるうちに御来店されればな~。初めから御正体を言ってくださいませ。甘露甘露が合言葉で。店主中田

投稿: 壽 | 2010年1月16日 (土) 03時58分

ご無沙汰しています。お元気でしょうか。店主 中田です。実は、1月11日、日本テレビの火曜サプライズに出ることになりました。当然、お茶です。ゲストの方々に一煎淹れるのですが、初めて飲んで走る旨さ、画面で見れます。懐かしんでご覧下さいませ。夜7時からです。またの御来店をお待ちしています。

投稿: 壽 | 2010年12月29日 (水) 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258909/31765108

この記事へのトラックバック一覧です: ス・ガーモ:

« 大珍楼ボウボウコウ | トップページ | 都築響一★トークLIVE&スライドショー!のおしらせ »