« ブラジル・フェスティバル2009@代々木公園 | トップページ | ブラジル・フェスティバル2009・3 »

2009年9月 8日 (火)

ブラジル・フェスティバル2009・2

ブラジル・フェスティバルへ行ってきた様子は、こちらから読むと何かとイイです

皆さん、血液どろどろにしてますかー!
ブラジル宴はまだまだ続いております。

0909087

ビール追加。
暑いわ肉だわショッパイわで、めっちゃビールが進むわー

パステル

0909083_2

揚げパイ、ですね。味は何種類もあったけど、オーソドックスに牛ミンチと卵をチョイス。もう見たまんま、想像通りの味。もちろん旨い

フェジョアーダ

0909084

ブラジルの代表的な料理。上に乗ってる緑の野菜はたぶんケールを茹でたもの。豆と煮込まれているのは血のソーセージかと思いきや、豚の尻尾だ。コレ旨い〜。とろとろ旨い〜。
味付けはシンプルな塩味・ただ優しい味というのとはちょっと違う。はっきりくっきり思い切った塩づかい。しかし意外に飽きもこず、ナンボでも喰えるなこりゃ

左からコシーニャ、キビ、ヒゾーリス

0909086

揚げ物三昧。コシーニャは中に鶏肉の入った円錐状?のフライ。鶏肉の周りは小麦粉の皮だと聞いていたんだが、これはじゃがいもマッシュにちょっと小麦粉か澱粉を入れて硬くしたような感じ。中身は鶏肉を細かく細かくほぐしているため、ツナにしか見えないのは、ひみつ

09090818_2

キビはひき割り麦のこと。牛ミンチとキビを混ぜて丸めて揚げた、肉だんごといったとこだろうか。細かなキビがぷちっとする食感が楽しい。なんかアラブ料理みたいだなと思ったら、やはりルーツはそっちらしい。健康のためなら死んでもいいニューヨーカーなら、山ほどの野菜と一緒にピタパンに挟むところだが、肉食の奴隷と化した我々はビールで流しこみ。

さあっ 血糖値あげていくよ!

ヒゾーリスはチーズ入りを選択

09090819

周りの白いところはじゃがいもではなく、小麦粉を練ったもっちり。中のチーズもみっちり。とろ〜りじゃなくて、みっちり。

シュハスコ

0909088

すぐ近くの木陰にいる5歳と7歳くらいの兄妹が、チキンの丸焼きをがつがつ食べながら待っているところに、ご両親がシュハスコ20本を買って戻ってきましたよ

かつて私は名古屋は大須のブラジル料理の店で、3世代揃って食事をするブラジル人を見た事があります。75歳は過ぎていると思われるお婆ちゃんを筆頭に、中年息子夫婦、7〜20歳くらいの若者たち。総勢10人近くいたでしょうか。彼らは私の隣のテーブルを占拠し、鶏の丸焼きを注文しました

1人1羽づつ

もちろん75歳も、7歳も、1羽ぺろりですよ。イタリア人のピッツァと同様ですよ分け合うモノじゃないのですよ1人1羽が原則なのですよチキンは飲み物なのですよ、いったいどんな大食い一家なんだと驚愕したのですが

・・・ああ、ふつうなんだ

09090820_2
さて、このシュハスコは焼いた後に、何やら魔法の粉をつけるように強く指示されます。大きなタッパにぎっしりの魔法の粉。たぶん身体にふりかければ空も飛べるんじゃないかと思いますが、今日のところは肉にふりかけるだけで勘弁してやりましょう

粉の成分はさっぱり分かりませんが、妙にオイシかったことは事実です。でへへ

09090812

チキン!こんな風に丸焼きしている店が3軒ほど
どの店も一羽1800円・まあなんてリーズナブル

すでにビールから、カイピリーニャへ
太陽の下で飲むしあわせ

09090813

お腹いっぱいになったので、食べ物以外のブースでも見るか

 

 
 
 
 

なんと、まさかの国産・血のソーセージ!
しかも激安。めちゃくちゃ嬉しいー

ブルートヴルスト(血のソーセージ) ブルートヴルスト(血のソーセージ)

販売元:路地裏のハム工房レッカーランド
楽天市場で詳細を確認する

|

« ブラジル・フェスティバル2009@代々木公園 | トップページ | ブラジル・フェスティバル2009・3 »

03:喰った喰った」カテゴリの記事

08:出かけた」カテゴリの記事

コメント

niku〜〜 happy02

投稿: MAY | 2009年9月 8日 (火) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258909/31286472

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル・フェスティバル2009・2:

« ブラジル・フェスティバル2009@代々木公園 | トップページ | ブラジル・フェスティバル2009・3 »