« ブラジル・フェスティバル2009・2 | トップページ | 神保町で始まったもの »

2009年9月 9日 (水)

ブラジル・フェスティバル2009・3

ブラジル・フェスティバルへ行ってきた様子は、こちらから読むと何かとイイです

腹もくちくなったし、食べ物以外も見て回りますか

さすがブラジルと思うのが、ブラジル女子の服装です
基本的に、胸・肩・背中・ケツ・足のどれか、もしくは全部を丸出しです。女の私ですら眼福。青少年は頓死。出してる当人は無頓着。

09090813

原宿すぐそこ、というお土地柄・スカート男子(初めて見たよ)や、パンツずり落ち過ぎ男子(どうやってアソコで止まっているのだ?)も散見されるのですが、やっぱカワイイ女の子の丸出しにはかないません。あ〜キレイ

ココはひときわ大きな音で音楽をかけてるなあ
ラジオ局か何かだろうか・・と写真を撮っていると

09090814

曲のサビが始まった瞬間に、老いも若きも焼き手も客も私もアンタも社長さんも、突然狂ったように踊り始め

09090815

もう、全員が激しく動くのでピントずれずれ
周囲30mくらいのほとんどの人が踊っています。踊ってないのは生まれたばかりの赤ちゃんくらいなもの。幼児クラスになると、めっちゃノリノリ。ああっ お嬢ちゃん、踊りながらチキン丸焼き踏んでるよう

ステージではテコンドーの模範演技をしているようです。それを熱い目でじっと見つめる青年。道着の側面には「TEKONDO」

09090816

彼はこの格好のまま、家を出てきたのでしょうか
イヤそんなには気にならないので答えなくてもイイです

正しい余興として、こんな人もいます

09090817

手前の黒い人とセットで歩き回っては、一般人とからんで撮影しているようです。ドラァグクイーン風のメイクをしているところが、日本じゃありえないなあ。隣の男の子に何度もチューしていましたが、趣味と実益を兼ねた情熱的なマウスtoマウスに、見ているこちらも感動の涙を抑えることが出来ません。ちっ 泣かせやがってコノ野郎

こちらは服や雑貨などを扱うお店
こんな感じのイラストが、今時分のセンスなのでしょうか? どこか日本のマンガ的でもありますが、確かな外国感。

0909089

この店の白眉は、このセットです
特にこのアンブレラ・ハットの珍妙さときたらどうだ

09090810

まったくもって笑っちゃいますよ
こんなのをかぶって外に出れませんよ
町中の笑いものですよ田舎なら嫁に行けませんよ
いったい誰がこんなものをかぶるというのか

09090811

そっこーで買いましたw
それではあとは若い人同士でおほほほほ
コレでペアルックだしな

 
 
 

頭の上だけじゃなくて、中身もペアルックにしたいならコレ
ただ個人的にはこんな↓パンツをはく殿方は、ちょっとアレだ

パンドルショーツ(ふんどし)スパイダー ピンク / 彼とペアルックもできちゃう キッチュなスパイダー。 パンドルショーツ(ふんどし)スパイダー ピンク / 彼とペアルックもできちゃう キッチュなスパイダー。
販売元:ゆとりぷらす
ゆとりぷらすで詳細を確認する

|

« ブラジル・フェスティバル2009・2 | トップページ | 神保町で始まったもの »

02:変なもの見ましたか」カテゴリの記事

08:出かけた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258909/31298679

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル・フェスティバル2009・3:

« ブラジル・フェスティバル2009・2 | トップページ | 神保町で始まったもの »